Welcomou ~嫁いだ先は、畜産農家~

極普通の家庭に生まれた私が嫁いだ先は、まさかの畜産農家!!果たして農家の嫁は勤まるのか!?

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

除染しました

除染の様子

本日、保育園の除染を行いました。

色々ありましたが、ここまでようやくたどり着きました。

しかし、自分の体調があまり良くなく、率先してやることができず無念。
その分旦那が頑張りました。

どれぐらい人が集まるのかな・・・と内心不安でしたが、行ってみると20人位の人が集まっていました。
自前のガイガー持っている人なんかもいて、
「なんだ、心配している人、いたんだ」
と、ちょっと安心。

会長さんが段取りを説明して、いざ除染開始!

この日は朝方冷えたため、園庭が凍ってる・・・
かたくて女の私は早々にギブアップ。

でも、パパ達はやっぱりすごい!!
固い園庭もなんのその。
どんどん掘っていく掘っていく。

当初1センチの除染の予定でしたが、土が凍っていたこともあり、3センチ位一気に塊で掘れる。

「凍っててやりやすいや~」

なんていう頼もしい声も。

私はそそくさと園庭を計測しながらうろちょろ。

本当に、見事に数値が下がるんです。


除染前

除染後

毎時0.3~0.4あった園庭が、0.1前半に大体落ち着きました。

除染した土は駐車場の脇に穴を掘って埋めました。
これが予想外に大変で・・・

フレコンバック20で足りるだろうと思っていたら、予定より土をはいだものだから38袋使って。
土を詰めるのも埋めるのもパパ達が一生懸命やっていました。

朝8時に開始して、終わったの19時。
まだ完全に終わってはいないのですが・・・

明日うちの旦那が、よけた砂利の山をまた戻す作業を一人でやります。

みんな仕事だから、時間の融通がきく農家の旦那がやるしかない。
ごめんよ、言い出しっぺの嫁を持ったもんだから、色々やらなきゃならなくて。

ここまで来るのに、本当に時間がかかったけど、こうやってみんなで協力してできて、良かった。
まだまだ安心できる数値と言えないけど、前よりはずっと安心できる数値。

内部被曝の問題も山積みだから、これで終わりじゃない。
ようやく、一歩前進。

そして、そもそもこんな作業を保護者が率先してやらなければならない一関市、岩手県の姿勢を改めて問いたい。

子供たちにとって、安全な基準とは何?
外部被曝なら、それはもちろん、ばらまかれた放射線が無くなること。
それができないから、できることをやって、子供たちのリスクを下げる。

内部被曝なら、それはまぎれもなく0.
子供たちに基準を作って、それを食べさせるなんて、やっぱり許せない。
何か起こった時、誰が責任を取るの?
誰も責任を取らない。
だから、我々親は、子供を最大限に守っていくしかない。

それをモンスターだの、ヒステリックだの言う世の中は、本当に疲弊していると思う。

みんなが一つになって、子供たちを守っていきたい。
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

いやあ大変お疲れ様でした。 バックホーは何とかなったのでしょうか。

無駄なことだ。沿岸復興に労力まわせよ。 

一関市が、この前山内正剛さんという専門家を呼んで講演会をした。年200mSvまでは大丈夫だと言っていた。
市や県のやることに間違いがあるわけが無い。
あんたが自己満足で周囲を巻き込んで、不安にさせているのが分からないのか!
子供がかわいそうだ。畜産の嫁らしいが、じゃあ汚染牛出荷するのやめてもらえないかな。他の農家のブランドを汚すんだよね。
農業の知識持っているようじゃない。科学的に判断しろよ。なにが内部被ばく0だよ。そんなきれいごとばっかり言っているなら今すぐ牛飼い辞めろよ。
  • posted by 農家のひとり 
  • URL 
  • 2011.12/15 22:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

ばかだよな。 

いやならでていけばいいのにおかしいよね。どこにすんでもいいってにほんこくけんぽうにはかいてあるんだよ。もしかしていちのせきにはまだいしんすらきてないのかな。えどじだいのままなのかな。いちのせきののうかのかんかくは。こんなおやにそだてられたこどもはかわいそうだな。
  • posted by でぃきゅーえぬ。 
  • URL 
  • 2011.12/17 19:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2011.12/20 00:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

応援しています! 

心無いコメントが気になりますが、頑張ってください。

各地で行政が企画する放射線についての講演者は、だいたいが原発推進派。
あるいは国に雇われた正義のカケラもない名ばかりの専門家です。
そこで繰り広げられる放射線の安全は根拠もなく、現に日本の放射線基準値は世界基準をはるかに超えています。
早くその事実を多くの人に知ってもらいたいですね。

私は通りすがりの盛岡に住む二児の母です。
周囲は放射線に対する意識がほぼ皆無。
気にしていることを口にするとやはり嫌がられます。
都会とは違い生産者の多い岩手県では仕方のないことかもしれません。

日本人は日本の放射線に対する対策の甘さが世界で批判されている事実を知るべきです。
ここで批判している人はきっと何も知りません。
悲しいことに行政の言い分を信じているだけです。
世界で例を見ない最悪の状況で、誰が放射線の本当の影響をわかるというのでしょう。
行政の言い分を鵜呑みにしている多くの人は、おそらくチェルノブイリの惨事もご存知ではないと思います。

先に気がついた人の行動力はきっと多くの人を助けることができると私は信じています。
楽な道ではありませんが少しずつでも進んでいきましょう!子供たちの未来の為に!
  • posted by ととこ 
  • URL 
  • 2011.12/26 14:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

応援できません。 

内部被ばく0という夢物語を、農政の専門家がいうなんてひどい。

もう一関では農業するなよ。ということに等しい。
農業の専門家だというなら、農家と頻繁に会っているんでしょ?
内部被ばく0なんていうんだったら、廃業をおすすめしてくださいよ。

それができないんなら、内部被ばく0なんて夢物語言うな。まったく応援できません。
  • posted by  
  • URL 
  • 2011.12/29 00:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

応援しています。 

政府の安全宣言を信じている人は、もういないでしょう。何を言っても今の政府の対応は信用できるものではないです。
牛嫁さんのやっていることは絶対無駄ではないです。
ゼロは無理でも限りなくゼロにするために努力することは、大切なことです。危険か安全か専門家でも意見が別れているのに、勝手に安全なんて意見だけをごり押しする政府や県や市に対して怒りを感じます。

日本人は自分で考えて調べたりする人が減って、指示されないと動けない人が多いですよね。
私は武田教授は結構ゆるいと考えているんですが、書籍の中で、4年後に小児甲状腺がんが激増すると警告していました。行政の対応には呆れますね。

一時避難した際に、一関市に電話したところ、避難されたなら関係ないのでは?安全なところに行けてよかったですね。と言われて愕然としました。
殺人を容認しているとしか思えないです。

  • posted by あさ 
  • URL 
  • 2012.01/04 11:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.01/05 11:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

政治は必ずしも(科学的に?科学と行ってももう色々な説が氾濫しているので)正しい事をする場ではなく、市民の声を「調整」する場でもあると思います。そしてその基となるのは、人数の多い少ないだけではなく、例えばこの問題は弱い者に比重を置こうとか、それぞれの問題で「調整」して行く事だと思います。なので市民同士が言い争っても仕方ないというか、子供達への放射能ゼロを主張する人がいても、色々な意見があるのはむしろ自然な事だと思います。あと、恐らく牛嫁さんは、この問題は農業の専門家というより1お母さんとして行動されているのだと思います。もちろん農家の方々や、畜産の方々のご意見もあると思いますが、それは相手を攻撃しないでも主張する事は十分に可能かと思います。ちょっと読んでいて、個人をつぶして?どうにかなるものなのかな、等考えるようなものもあったので。。失礼致しました。
  • posted by guotier 
  • URL 
  • 2012.01/09 16:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

追伸:(あと、この除染は、市の「保護者がやる分には問題ない」という方針のもとに進められたものではないか?と思います)
  • posted by guotier 
  • URL 
  • 2012.01/09 16:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

りんごおやじ 様

なんとかなりました。色んな方に協力していただいて。
見事に線量が下がり、頑張って良かったと思っています。
  • posted by 牛嫁 
  • URL 
  • 2012.01/10 15:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 無駄なことだ。沿岸復興に労力まわせよ。 

農家のひとり 様

まず、今回の除染は事前に保護者全員にアンケートを取っており、ほぼ全員が除染をした方がいいという回答でした。声を挙げたのは私ですが、多くの保護者が心配していたということです。

また、年間200mSvまで大丈夫などという専門家の話は、私はまともに聞かない方がいいと思います。
私はかれこれ一関市内で開催されている勉強会に6回ほど参加していますが、大丈夫という専門家からは何も伝わってきませんでした。まさに机上の論理であって、現実を無視していると感じました。
チェルノブイリ事故での現地の子供たちの被害を知っている方の意見も聞いた方がいいかと思います。長野県松本市の市長や、19年間ベラルーシの子供たちの保養活動を行ってきた野呂美加さんのお話はとても参考になります。彼らは現場を見ています。大丈夫だという専門家の多くは、現場を見ていません。

その上で総合的に判断し、自分ならここまで許容できるという基準を作っていくしかないと思います。

私は子を持つ親ですので、子供の健康を第一に考えます。
ですので、現地を見てきた方々が得にも内部被曝は絶対にさせてはいけないと警告していますので、私は内部被曝を子供たちに強要することはできません。

また、仕事柄色んな農家と話しをしますが、みんなどうすれば放射性物質が自分の生産物から出ないかということに神経をとがらせています。自分のほ場にはどうすれば放射性物質を持ち込まないようにできるか。
それぐらいプロとして真剣にこの問題に向き合っています。
今回のあなたの発言は、そのような生産者の努力を、信頼を、揺るがせるものになると思います。

また、私は放射線なんて大丈夫という違う考えの方のブログは見たとしても何も書き込みませんし、次からは見ません。お互い時間の無駄ですし、嫌な思いをしますので、私のブログなんて無視して、200mSvまで大丈夫というような方々と意見交換して下さい。
  • posted by 牛嫁 
  • URL 
  • 2012.01/10 15:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: タイトルなし 

マッキンリー 様

1か月ほど体調を崩し、すっかり書き込みが遅くなりました。すみません。
私も保育園以外では子供を外で遊ばせていません。
実家に頻繁に帰るようにし、その時に思い切り遊ばせてあげています。
公園も怖くてとても連れて行けません。保育園の次は公園の除染をなんとかやっていってほしいです。
子供にとって外で遊ぶことは大事なことなので、なんとか早く、除染を進めていってほしいですね。
それか郡山市のように、屋内で思い切り遊ぶことができる施設を作ってほしいです。
福島では0.2μで保育園等の屋外活動は自粛させているというニュースを見ました。
一関市ももう少し危機感を持って対応してほしいです。
  • posted by 牛嫁 
  • URL 
  • 2012.01/10 15:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 応援しています! 

ととこ 様

ありがとうございます。
行政が連れてくる専門家は本当にひどいですよね。
原発周辺に住むだけで発がん率が上がるというデータもあるのに、日本という国は恐ろしい国になってしまっていたんだなと、悲しくなります。
低線量でも影響があると訴えている専門家からは、魂が伝わってきます。子供たちを守りたいんだという。
親として、なんと言われようが自分の子供はなんとしても守ってあげたいと思います。
  • posted by 牛嫁 
  • URL 
  • 2012.01/10 15:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 応援できません。 

名無し 様

内部被曝0は決して夢物語ではないと思います。
正直、今のスポット的な検査体制で、一関の農産物は安全ですと言われても、消費者は納得できないでしょう。
しかも検出限界も137と134合わせて50Bq位。これでは安心できないんです。
これは農家の責任ではなく、一関市、岩手県として本当に内外に安全性をPRするのならば、検出限界は10Bq以下にまで下げ、サンプル数も増やし、情報の公開を徹底すべきと思っています。

一関で農業をするなと言ったら、多くの生産者が悲鳴をあげます。
私は、上記のように検査を徹底し、出ないものは出ないとPRする。出たものは、子供たちには食べさせないようにするということが大切だと思っています。
また、出る地域では除染を徹底し、生産物から放射性物質が出ないよう取り組む必要があると感じます。
食べてどんな影響が出てくるかもわからないようなものを、子供たちに食べさせることは子供たちの未来を奪うことです。
みんなで子供たちを守るために、協力していく必要があると思います。
  • posted by 牛嫁 
  • URL 
  • 2012.01/12 15:32分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 応援しています。 

あさ 様

ありがとうございます。
私も、微力ながら声をあげることで少しずつ物事が動いていくことで、やってきて良かったと思っています。
心無いことを言われることも多々ありますが、子供を守る、このことは曲げられません。
武田教授は半信半疑で見ていますが、大手メディアで低線量被曝の危険性を訴えてくれていることには感謝しています。

一関市の当初の対応は実にひどかったですよね。
私も前のブログでも書きましたが、「世の中に食べて体に悪いものなんてたくさんある」と言われましたよ。
この人たちが一関市の保健福祉を預かっているかと思うとぞっとしました。
今はこのような対応は無くなりましたが・・・
  • posted by 牛嫁 
  • URL 
  • 2012.01/12 15:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: がんばりましたね! 

スズキ 様

ありがとうございます!
そうなんです、思いは異なっていても、みんな被害者なんですよね。
国や東電が本当に国民の立場に立って行動していたら、こんな無駄な争いは起きなかったと思います。
昨日のNHKの除染が、避難かという番組は心が痛みました。
毎時1μを超えるようなところがたくさんある地域に、今もたくさんの子供たちが生活している。
避難したくても、生活やお金の面でできない現実。
外で遊ぶことのできない子供たち。
国や東電は、その罪の重さをどうどらえているのでしょうか。
電気料金上げることが権利、ボーナスもきっちり払っている・・・
まともな人間なら、できないと思います。
子供たちのことを一番に考え、行動していきたいですね。
  • posted by 牛嫁 
  • URL 
  • 2012.01/21 16:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: NoTitle 

guotier 様

そうですね、私はこの問題は農業関係者というよりは、一母として声を上げ、行動しています。
一番に優先すべきは子供たちの健康。
農業に関しては、一関レベルの汚染で、全ての作物が食べられないほどの汚染があるとは思っていませんし、移行係数やハウス、露地の別等から、一関市産の農産物も買っています。
しかし、主食となる米については、絶対に0でなければならないと思っています。
なので、まだ新米は届いていませんが、届いたら1Bq以下で調べてもらおうと思っています。
しかし、大人は自分の判断で、多少入っていても食べるという方は食べればいいと思います。
その判断をするために、もっと情報が欲しい。
岩手県はなぜ検出限界が高いのか。
それがそもそも消費者の不信感を買っていると思います。
検査数も他の自治体に比べ明らかに少ない。
もう少し、検査を徹底してほしいところです。個人での検査費用も馬鹿にならないので・・・ 

行政は調整役というのはその通りと思います。
ある程度の基準を設けなくてはならないということもわかります。
この問題に関しては、一番影響を受ける者=子供を優先に、調整してほしいと思います。
一関市の対応はかなり変わってきましたが、まだまだ足りないと私は感じています、
県はもっとひどいですが・・・そもそも放射能対策本部が盛岡にあるって、おかしいと思います。
県南に設置しないと、現状なんて見えない気がします、

なんだかとりとめがないコメントになりました、すみません。

> 政治は必ずしも(科学的に?科学と行ってももう色々な説が氾濫しているので)正しい事をする場ではなく、市民の声を「調整」する場でもあると思います。そしてその基となるのは、人数の多い少ないだけではなく、例えばこの問題は弱い者に比重を置こうとか、それぞれの問題で「調整」して行く事だと思います。なので市民同士が言い争っても仕方ないというか、子供達への放射能ゼロを主張する人がいても、色々な意見があるのはむしろ自然な事だと思います。あと、恐らく牛嫁さんは、この問題は農業の専門家というより1お母さんとして行動されているのだと思います。もちろん農家の方々や、畜産の方々のご意見もあると思いますが、それは相手を攻撃しないでも主張する事は十分に可能かと思います。ちょっと読んでいて、個人をつぶして?どうにかなるものなのかな、等考えるようなものもあったので。。失礼致しました。
  • posted by 牛嫁 
  • URL 
  • 2012.01/21 17:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2012.11/08 18:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2013.01/20 02:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2014.07/16 22:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2014.07/17 08:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2014.07/24 07:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2014.07/28 02:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2014.08/22 06:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

承認待ちコメント 

このコメントは管理者の承認待ちです
  • posted by  
  •  
  • 2014.09/04 11:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

牛嫁

Author:牛嫁
ただいま岩手県のど田舎で生活中。
岩手県出身。非農家出身。
大学で農学部に進学し、それゆえ農業関係の仕事に就く。
そこで出会った畜産農家と結婚し、現在に至る。
まさか自分が農家の嫁になろうとは・・・
田舎は驚きと感動に満ちています。

最新記事

最新トラックバック

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。