FC2ブログ

Welcomou ~嫁いだ先は、畜産農家~

極普通の家庭に生まれた私が嫁いだ先は、まさかの畜産農家!!果たして農家の嫁は勤まるのか!?

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

出産体験記 ~出産編~

私の通った産婦人科は、フリースタイル分娩といって、妊婦の産みやすい姿勢で分娩をする。

テレビでよく見る分娩台に仰向けになって産むのではく、
座ったり、横向きになったり、四つん這いになったり。

お勧めは四つん這いらしく、布団のしかれた部屋で四つん這いをするよう促される。

もう、痛くて痛くて、とにかく早く出したいから、促されるままに四つん這いに。

ここからは、激痛との戦いだった。

10分おきに、耐えがたい痛みが襲ってくる。そして、なんか出したい。
フーフーと息を吐きながら、隣で旦那もフーフーと息を吐く。

「一緒に息吐いてたら、俺のど乾いちゃったんだけど、お前のポカリ飲んでもいいかな?」
「・・・うん・・・(勝手にして!)」

パンッ
という音とともに破水。その瞬間、赤ちゃんが下にずずっと下がってきた感じがして、さらなる激痛!!

いよいよ終盤戦にかかり、助産師さんに
「頭が見えてきましたよ~」
と言われる。

「もう、次出さなきゃ、無理」
と心に決め、次の陣痛とともに思いっきりいきむ。
(多分これはいけません。ゆっくり子宮口開いていってあげないと、たくさん裂けます。)

フーッフーッ・・・・!!!!

すると股の間から赤ちゃんが!!!!!!!

「おぎゃー!!おぎゃー!!」

16時間の陣痛との格闘の末、無事元気な元気な男の子出産!!

初めての我が子との対面。10カ月も私のお腹の中でこの日を待っていたんだね。
なんてかわいい・・・

ガッツ石松・・・

そう、生まれたての赤ちゃんは、どうやらガッツ石松に似ているのだ。

s-P1020200.jpg   ←出産後1日経過した我が子。ガッツ具合は多少軽減。


でもでも、感動した。すごく不思議で貴重な体験。

旦那も、びっくりして、感動してた。ポカリは空っぽだった。

その後、もろもろの処置(胎盤を出したり、裂けた箇所を縫ったり・・・でも、聞いていたほど痛くなかった)をして、入院する部屋へ。

ちなみに、後日旦那に、出産に立ち会ってどうだった?と聞いたら、
「うん、牛と一緒だったよ!」
とのこと。
まあね、同じ哺乳類だしね、四つん這いだったしね・・・



次回、入院編!!
スポンサーサイト

Comment

はじめまして 

牛嫁様

訪問、ありがとうございます。
北海道は十勝の新得というところで農業を営んでおります”ひら農園”のpeacemanです。

ご出産おめでとうございます♪
鯉のぼりの準備万端でしょうかね~?
さぞやご家族中、大喜びだったことでしょう~良かったですね。

我が家の出産立会経験は20年も前…
当時私は車いす生活だったので、家内には色々と苦労をかけましたが、ベッドサイドで一緒に手を握って「ふーふーはーはー」なんてやっていたら、「わずらわしい!!!(怒)」と殴られたことを思い出しましたよ(笑)
ふてくされて廊下に出ていれば、そばにいなかったらいなかったで怒られましたし~
美しい思い出なんて、これっポッチもありませんでしたが、おかげで2人目以降は無難に立会、乗り切れました。

だんだんと春に向けて、季節はよくなりますが御身大切にお過ごしください。
もちろん、お子様も健やかでありますように~

畜産農家~
生き物を相手の仕事ですから、大変でしょうがお体に気をつけてお励みください。
  • posted by peaceman 
  • URL 
  • 2010.04/04 16:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

こんにちは!

ポカリの話、「牛と同じだよ」のくだり、またまた声を上げて笑ってしまいました(笑)
すみません^^;

いや、なかなか味のある旦那さんですね。
そして、それをうまく書く牛嫁さんにも脱帽です!

お母さん・子ども共に体調には十分気をつけてくださいね。
これからも楽しみにしています^^
  • posted by JAKUTAKU 
  • URL 
  • 2010.04/05 22:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

peaceman さんへ
鯉のぼりはまだ用意していません。やっぱり必要かな・・・
出産は男の人は何していいのかわからないですよね。なんだかんだ言っても、そばにいてくれるだけで安心できます。

実は私、岩手の農業普及員なんです。
普及員になって、いままで消費者としてしか見えなかった農業が、生産者サイドからも見えるようになり、生産者の努力や苦労にいつも感謝しています。
ひら農園のように、生産者と消費者がもっと近くなれば、いまの農業の問題(低価格、重労働等々)って、もっともっと改善されていくと思います。そのために、自分の立場を生かして仕事をしていきたいなと感じています。

北海道、まだ行ったことがないので、子供を連れて行ってみたいです。その時にはひら農園にも行ってみたいです。

JAKUTAKU  さんへ
いやはや、うちの旦那は今どき珍しいほど純粋な面があるので、子供が二人いるようです。
JAKUTAKUさんのブログを参考に、健康に留意していきたいと思います!!
  • posted by 牛嫁 
  • URL 
  • 2010.04/07 16:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

牛嫁

Author:牛嫁
ただいま岩手県のど田舎で生活中。
岩手県出身。非農家出身。
大学で農学部に進学し、それゆえ農業関係の仕事に就く。
そこで出会った畜産農家と結婚し、現在に至る。
まさか自分が農家の嫁になろうとは・・・
田舎は驚きと感動に満ちています。

最新記事

最新トラックバック

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。