Welcomou ~嫁いだ先は、畜産農家~

極普通の家庭に生まれた私が嫁いだ先は、まさかの畜産農家!!果たして農家の嫁は勤まるのか!?

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

署名にご協力を!!

市議の協力を得て、今度一関市長と話し合いの場を持つことができそうです。
そこで、署名を集めて市長に直接渡したいと思っています。

「放射線被曝から子どもを守る会いわて」という会があり、そこのHP上で署名を集めています。
賛同いただける方はぜひ、署名をお願いします!!
また、子供を守りたいと思っている方は誰でも会のメンバーになれますので、ぜひ登録を。

放射線被曝から子どもを守る会 いわて

我が家は山水をひいて飲料水としていますが、日に日に不安になってきたので、検査に出しました。
今週中に結果がかえってくる予定です。

ちなみに、色んな機関で分析を行っていますが、どこも10~20Bq/kgが検出限界となっています。
検査費用は大体15,000~20,000円/検体。

その中で、山形県理化学分析センターは、1Bq/kg以下で結果を出してくれます。

山形県理化学分析センター

もし、検査を検討している方は、ここにお願いするのが今は一番いいかと思います。

費用は16,000円/検体(税抜)。

我が家は新米も検査する予定です。
毎日食べる主食の検出限界が20Bq/kgで不検出はちょっと嫌なもんで。
幼い子供がいる場合には、いくらでも0に近いものを、というか、0のものを与えてあげたいです。

裕福な家庭ではありませんので、この出費は正直きついですが。子供のため。

もちろん、あっさり断られるの承知で、東電に費用を全額請求しますよ。
こういうことで困っている人もいるんだということをわかってもらわないと。
福島で避難している人たちに真っ当な賠償をすることが何より先決ですが。

その賠償も、膨大なページの書類に目を通さなければならないようで、本当に最低だと思います。
払わないようにしているとしか思えない。
先の見えない不安と戦っている人たちの気持ちを、一体なんだと思っているのでしょう。

非情な国だと感じます。

毎日のこのやり場のない不安からは、一体いつ解放されるのか。

その中で、少しほっとしたニュース。
牧ノ原市議会、浜岡原発、永久停止の決議。

浜岡原発、永久停止

他の自治体にも、この動きが広がってほしい。

原発が無い生活を、送りたい。

*CommentList

我が家の放射線量

8月10日に、我が家の周囲をガイガーカウンターで測定してもらいました。
結果は以下の通り(単位はμSv/h)

屋外
堆肥舎脇    地上1m 0.13 地上5㎝  0.17
牧草置き周辺       0.23        0.33  
玄関周囲           0.14        0.2

屋内
1階窓の近く        0.14        0.17
中央             0.09        0.09
2階窓の近く        0.13        0.13

木造家屋では、家の中も外も、あまり変わらない・・・?
国で示している計算式では、屋内は屋外の60%になるらしいですが、そんなのウソだってこと。

先週1週間夏休みで、子供と盛岡の実家に避難していました。
その間に、旦那が家の周囲の表土を除去したり、壁を洗ったりしてくれていたので
もう少し値は下がっていることを期待。

一関でまた教育施設を一斉に測定した結果が出ました。
今回は、地上5㎝の測定も行っていて、そこは評価できます。

一関市 測定結果

また同じような回答しか得られないとわかっていながら、再び一関市に電話しました。
結果
・今後も1μ以上でないと除染は実施しない。
・独自除染は重機の問題、除染した土の処分の問題があるため認めない
ということでした。
今回は、冷静に深刻に除染してほしいことを願い出ましたが、駄目でした。

なぜここまでかたくなに除染を拒むのでしょう。
一関市が悪いのではなく、原発推進してきた国や東電が悪いわけで、
やっかいなもんばらまかれたから、一関市として子供たちのために除染を徹底し
その費用や除去した土は全て国、東電に処理してもらおう!!
っていう姿勢にはならないんでしょうか。

赤つぶ缶バッチ作戦なるものが始まっているようなので、
旦那と二人で購入して、いつも付けていたいと思います。

赤つぶ缶バッチ

集まったお金で、全国へホールボディーカウンターを買って届けたいそうです。
見つけたら、声かけて下さい。
*CommentList

除染を阻むもの

今日、園長先生に、他の保育園で除染が行われたことを話した。
以下のような返答だった。

「その保育園は、勝手に除染したことで、
市からおしかりを受けたんですよ
危険と判断されれば、県が動きますから。
私はただの非常勤ですから、独自に判断して除染することはできません。」

市からおしかり・・・
子供たちにとって危険な状況であることは、様々な文献やチェルノブイリの事故からわかることなのに、
行政が未だに動こうとしないから、保護者が動いたことに、おしかり・・・!?

ちなみに、除染を行ったのは、門崎保育園。
市の測定結果を見れば一目でわかる。

一関市 測定結果

おしかりを受けたって、こんなに下がるなら、ぜひやりましょう!!子供たちのために!!とはならない。

もう、何もなすすべはないんだろうか。
保育園として除染等、対策をとってほしいという要望書の署名も、集めては駄目と言われた。
市から、そういうことをしては困ると言われたそうだ。

私は、一関市が今回の件で大嫌いになった。

もともとは東電がまいた種だが、それを擁護しているとしか思えない。

明日、共産党が家の周りをガイガーカウンターで測定してくれることになっている。
無料でやってくれるそうなので、ぜひ不安な人は連絡してみて下さい。
日曜日の新聞に、チラシが折り込まれていました。

結果を見るのは怖いが、高いところは除染しよう。

でも、家の中まで高かったら、どうしようか・・・

kのまま何も対策がとられなければ
子どもと一緒に実家のある盛岡に引っ越すことも考えている。

家族一緒が一番だけど、
子どもの安全が最優先。

とんでもない世の中になってしまった。
*CommentList

日本の基準値

汚染牛問題で、米は流通の前からしっかり対策を取るようだけど
その基準値は果たして信じていいものなのか。

牛乳もそうだったけど、やはり日本の基準値はあり得ないほどに高いものになっている。
以下のブログに見やすくわかりやすく解説されている。

世界もおどろく日本の基準値

そもそも、暫定基準値って一体いつまで続くんだろう・・・
毎日の主食が500Bq以下の基準って、そんなの子供に食べさせるわけにはいかない。

一関市の一部の保育園で除染が行われた。
保護者が独自に動いて除染したそうだ。
他の保育園でも、園長先生が市に積極的に除染を依頼しているところもあるそう。
市も少しは動く気になってきているとの話も聞いた。

うちの保育園は・・・
この前役員会があったため
市に除染を要望したいという文書を色々な資料も付けて作成し
会長さんに話してほしいとお願いした。

話しはしたらしいが、反応は薄く、会長の一任でとされたそう。
その会長さんも、やりたくないような感じで、
僕も色々忙しくて・・・
と言われてしまった。

あまり人の悪口を書いてはいけないと思うが、
みんな自分の子供は心配ではないんだろうか・・・

なんとか、保護者で独自に除染をという方向に持ってってもらうようにしたが
それも果たして話してくれるのか・・・

同じ思いの保護者がいないと、なかなか前には進みません。

他の園では、おたよりに測定結果等書いているそうなので、
園長先生にそれができないか月曜日お願いしてみよう。

各地で夏祭りが開催されているが、今年は放射線のことがあって、
あまり外に出かけたくない。
いつも、ここは大丈夫なのかな、早く中に入れないと
と思ってしまう。
もう、前のように何も心配せずに子供を遊ばせることはできないんだろうか。
それがとても悲しい。
外に出ると、やっぱり子供は喜ぶから。

夏休みは実家に戻って、外で遊ばせてあげよう。

原発で得をするのは誰?

8月号のDAYS JAPANに、
小出裕章さんが原発の仕組みや危険性をとってもわかりやすく書いています。
DAYS  JAPAN

そこに、電力会社の利潤の出し方の計算式が載っています。

民間の会社だったら、地道に売れる商品を開発し、宣伝し、
消費者に買ってもらって初めて利潤が生まれてくるわけだけど、
電力会社の利潤は法律で守られていて、以下の式で出されます。

利潤=レートベース×報酬率
レートベース=固定資産+建設中資産+核燃料資産+繰り延べ資産+運転資本+特定投資


原発は建設費が膨大で建設期間も長い。
核燃料を備蓄すると、それも資産になる。
研究開発の特定投資も巨額。

原発やればやるほど儲かる。

電力会社が儲かれば、国に入ってくる金も、色んなとこに流れる金も大きくなる。

国家総出で電力会社守るしかないってわけか。

小出さんが文末で、このままのエネルギー浪費社会は続けるべきでない
「知足」=足るを知る
これしかないと言っています。

一度お金に目がくらむと、人間は欲求を満たすことができないのでしょうか。

小さな生活でも、あったかい家族がいて、仕事があって、
生きていくのに困らないお金があれば、十分幸せです。
その小さな生活さえも、原発によって壊されてしまった人がたくさんいます。

足るを知る、一歩踏みとどまって、みんなで考えていかなくてはならないと思います。







ご案内

プロフィール

牛嫁

Author:牛嫁
ただいま岩手県のど田舎で生活中。
岩手県出身。非農家出身。
大学で農学部に進学し、それゆえ農業関係の仕事に就く。
そこで出会った畜産農家と結婚し、現在に至る。
まさか自分が農家の嫁になろうとは・・・
田舎は驚きと感動に満ちています。

最新記事

最新トラックバック

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

FC2アフィリエイト

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。